クラクフ散策

2014年11月27日

2014年10月16日(木) 〜その2〜

クラクフ散策の続きです。

中央広場へ戻ります。

P1140854
↑かっこいいミニ

途中、ステキなラッピングがされたミニがありました。
バーの宣伝みたいです。
ヨーロッパではラッピングされた車をよく見かけます。
このミニみたいに洗練されたものが多いです。

P1140862
↑中央広場

中央広場へ戻ると、ハトがバッサバッサ飛んでました。
そういえば、うちのホテルの中庭にもハトが住みついてます。


P1140866
↑聖マリア教会

聖マリア教会に入ってみましょう。
中央広場に面した入口は、信者の入口なのでしょうか。
チケットなしで途中まで入ってお祈りできるようです。

P1140914
↑聖マリア教会入口前

私たちは信者ではないので、チケットが必要な入口から入ります。
聖バルバラ教会に続く道に面した入口です。
チケットは向かいの建物で買えました。
写真撮影料も必要ですが、またカメラ2台をアピールしたのに1台分の請求しかされませんでした。

P1140870

P1140882

P1140888
↑聖マリア教会内部

中に入ると、広い!天井が高い!!
ただただ圧倒されます。

P1140874
↑イエス・キリスト像

美しいイエス様です。

P1140892
↑イエス・キリスト像

上にもいらっしゃいました。

P1140893
↑論壇

論壇も美しいです。

P1140894
↑論壇の階段

階段が透かし彫りになっています。

P1140896
↑論壇の階段

階段の外側にはドラゴンも。

P1140883

P1140900
↑聖マリア教会祭壇

奥の祭壇も素晴らしいです。

P1140897
↑聖マリア教会内部

天井が星空のようになっています。
ヴァヴェル大聖堂のソフィア女王のチャペルもこんな感じでした。
流行りですかね?

聖マリア教会、素晴らしかったです。

次は、一部閉館中の情報のあるチャルトリスキ美術館へ。
一番の見所であるレオナルド・ダ・ビンチ作「白貂を抱く貴婦人」は、先日ヴァヴェル城の臨時展示で観てきました。

他の作品も観れるものは観たいなぁとチャルトリスキ美術館へ向かったのですが、工事中で全く入れる雰囲気ではありませんでした…
残念…

チャルトリスキ美術館はあきらめ、エウロペウムへ行きます。

P1140922
↑エウロペウム

エウロペウムは2013年9月にオープンした新しい美術館です。

P1140957
↑エウロペウムのチケット

ブリューゲルの作品が展示されています。
チケットもブリューゲルでした。
せっかくきれいなチケットなのに、無条件でレシートをホチキス留めするのはやめてほしいところです…

館内は撮影禁止でした。
こぢんまりした美術館で、ブリューゲルのほかクラナッハの作品もありました。
私たち以外は誰も見学客がいなくて、全館貸切状態です。
おかげで、監視員が常時付かず離れずついてきます…
美術館の静寂の中、その監視員のスニーカーがバッシュのようにギュッギュッいうのが気になってしまいました。

P1140926
↑ヤギェヴォ大学

ヤギェヴォ大学を通って、一旦ホテルに戻りました。

P1140929
↑黒いハト

真っ黒いハトがいました。
アルビノの反対のメラニズムか?とも思いましたが、足は赤いですね。

P1140934
↑石畳用の石

ホテルの前の道の石畳を修復していました。
こんな石を形を整えなおして並べていました。

P1140933
↑石畳修復中

日に日に修復箇所を移動しています。

ホテルでちょっと休んでから、まだ陽が高いのでトラムで川の向こうへ行ってみることにしました。
中心地に宿を取るとちょくちょくホテルで休めるので楽です。

P1140936
↑券売機

券売機でトラムのチケットを買おうとしたのですが、コインを一切受け付けてくれませんでした…
地元の人も困っていました。
クレジットカードで無事購入することができました。

P1140935
↑トラムのチケット

P1140939
↑トラム内部

それなりに混んでいます。
ヴィスワ川を渡ったところで降りました。

P1140941
↑ヴァヴェル城

ヴァヴェル城を対岸から眺めます。
天気がとても悪いです…
晴れていたらとてもキレイな写真になっていたでしょうに…

P1140942
↑鳥に餌をあげる子供

ヴィスワ川沿いには、水鳥たちに餌をあげている人たちをよく見かけました。
小さい子が力一杯餌やりしてます。
落ちるなよぅ!!

P1140950
↑小さいリンゴのなる木

小さいリンゴがたくさん実っていました。
こういうのを’たわわ’というのですね。
食べられるかどうかはわかりません。

P1140952
↑近代的な建物

トラムの停留所の近くに近代的な建物がありました。
地図に表記がなかったので、なんの施設なのかはわかりませんでした。

トラムに乗って旧市街の方に戻りましたが、とうとう雨が降ってきてしまいました。
またホテルで一休みして雨がやんだのを見計らって夕食に出かけました。

P1140960
↑ハードロックカフェ・クラクフ店

まずは、ハードロックカフェでご当地ピンバッチをゲット。
ノルマ達成!

P1140959
↑ロックショップの天井

天井はシンバルで出来ていました。

雨が心配だったので、ハードロックカフェの並びのレストランに入ることにしました。

P1140969

P1140970
↑レストランへの階段

中央広場に面した入口に立っていた客引きの女の子に連れられ中庭に入って行ったのですが、レストランは地下にありました。

P1140962
↑レストラン店内

ワインセラーのようです。

BlogPaint
↑レストラン店内生演奏中

お客さんがほとんどいない中、生演奏しています…
目の前の席なのでちょっと気まずいです…

P1140964
↑クラクフ名物

私は、クラクフ名物のキャベツの煮込み?
しょっぱかったです。

P1140968
↑ポテトパンケーキ

ダンナ氏はポテトパンケーキ。
かき揚げみたいなパンケーキでした。

生演奏が落ち着かないお店でした…



ブログ村参加してます。
クリックしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

クラクフは模型三昧

2014年11月24日

2014年10月16日(木) 〜その1〜

昨夜の中庭のバーはまぁまぁのうるささでした。

今日は、天気がいいのでクラクフを散策することにしました。

P1140747
↑中央広場

まずは中央広場です。

P1140754
↑織物会館の模型

P1140757
↑模型と本物のコラボ

織物会館の模型がありました。

P1140765
↑聖マリア教会の模型

聖マリア教会の模型もありました。

P1140769
↑模型と本物のコラボ

ちょうど11時だったようで塔の上でラッパを吹いていました。
1時間ごとに吹くそうです。

P1140777
↑聖バルバラ教会

聖マリア教会のすぐ裏手に聖バルバラ教会があります。
何もこんな近くに建てなくてもいいのに…と思うくらい近いです。

ダンナ氏が聖バルバラ教会の入り口付近を見ていたら、
係のお兄さんに突然オーディオガイドを渡されたようです。
イヤホンが二つ付いている二人で聞くタイプのオーディオガイドです。
二人一緒に並んで見学しないといけないので、
ちょっとめんどくさかったです…

P1140772
↑聖バルバラ教会内部

内部はなかなかに豪華でした。

P1140835
↑フロリアンスカ門

P1140794
↑旧市街の模型

フロリアンスカ門の中央広場側には旧市街の模型がありました。
大規模な模型ですね。

P1140798
↑模型と本物のコラボ

おきまりの写真も撮ります。

P1140836
↑バルバカンの模型

フロリアンスカ門の外側にはバルバカンの模型がありました。

P1140839
↑模型と本物のコラボ

バルバカンの模型は本物のバルバカンからかなり離れていました。

P1140802
↑バルバカン

バルバカンは修復中らしく、中には入れないようでした。

P1140803
↑マテイキ広場

旧市街の外に出てマテイキ広場を通りヴィエリチカ行きのバスを探しに行きます。

P1140808
↑マテイキ広場の模型

まさかのマテイキ広場の模型までありました。
クラクフは模型がたくさんあります。

P1140809
↑模型と本物のコラボ

この写真は模型と本物が一体化しすぎです。
どこまでが模型かわからないですね。

P1140814

P1140813
↑ヴィエリチカ行きのバス

マテイキ広場から右に曲がった通りにヴィエリチカ(Wieliczka)行き304番のバスがありました。
とてもわかりやすい場所です。

P1140816
↑304番バスの時刻表

この後も何回か通りかかりましたが、304番のバスは常に停まっていました。
かなり頻繁に運行しているようです。

鉄道でもヴィエリチカへ行けるので、鉄道の方もリサーチしに行きます。

P1140817
↑クラクフ駅構内

待合スペースに地球儀がありました。

P1140818
↑日本???

日本がひどいことに…

P1140819
↑クラクフ駅構内

ヴィエリチカ行きの列車について調べてみましたが、あまりよくわかりませんでした。
あることにはあるのですが、乗り場がわかるか大変不安でしたので、
ヴィエリチカへはバスで行くことに決めました。

P1140821
↑クラクフ駅構内のスーパー

クラクフ駅構内にはスーパーもあります。
しかし、あまり遅くまではやっていないと思われます。
私たちがクラクフに到着した時は19時くらいでしたが、閉まっていた気がします。

P1140831
↑モール内のレストラン

クラクフ駅に隣接しているモール内のレストランでランチにしました。

P1140825
↑ビール

P1140828
↑タルトフランベピザ

私はタルトフランベピザにしました。
フロマージュブランは使ってなさそうでしたが、確かにタルトフランベ風でした。

P1140829
↑ペパロニピザ??

ダンナ氏のはペパロニだったかな?

どちらのピザも厚めでフカフカの生地でした。

午後もクラクフを散策します。





ブログ村参加してます。
クリックしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

クラクフのユダヤ人街、カジミエシュ地区散策

2014年11月21日

2014年10月15日(水) 〜その2〜

ヴァヴェル城の見学を終え、カジミエシュ地区へ向かうところからです。


P1140619
↑ヴスワ川沿いの道

ヴィスワ川沿いにカジミエシュ地区へ。
ヴィスワ川には白鳥がたくさんいました。


カジミエシュ地区は大戦前にユダヤ人が多く住んだ街です。

P1140635
↑シンドラーのリストのセット跡

シンドラーのリストのセットがそのまま残っていて、見学できるようでした。

P1140647

P1140651
↑スタラ・シナゴーグ

スタラ・シナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)を見学します。
囲ってある柵に六芒星があります。
スタラって、星って意味なのでしょうか?

P1140657
↑スタラ・シナゴーグ内部

シンプルでステキな内装です。

P1140659
↑スタラ・シナゴーグの椅子

椅子にも六芒星が。

P1140662
↑スタラ・シナゴーグの外のオブジェ

外のオブジェはオタマジャクシのようなもので支えてました。

P1140688
↑テンペル・シナゴーグ

テンペル・シナゴーグにも行きました。

P1140683
↑テンペル・シナゴーグ内部

ゴージャスです。美しいです。
こんなにきらびやかなシナゴーグもあるのですね。

BlogPaint
↑ユダヤの帽子

テンペル・シナゴーグでは、男性はユダヤの帽子を被らないといけないようでした。
ダンナ氏だけ帽子を渡され、被って見学していました。

この後、スーパーで買い物して帰りました。
ヨーロッパのスーパーは、入ったらレジを通らないと
出られないシステムのお店が多いですね…
買わなくてもいいかなぁと思っていたのですが、
出られないのでビールと白ワインを買いました。

ポーランドって、ビールは棚に並んでいて簡単に選べるのですが、
ワインは必ず店員さんの後ろの棚にあって、手にとって選べないんですね。
英語もろくに話せない私たちはワインを買うのが一苦労です…
アルコール度数の問題なんですかね。
ワイン以上のアルコール度数のものは全部店員さんの後ろの棚にありました。

一旦ホテルに戻り、荷物を置いて夕暮れ時の中央広場へ。

P1140698

P1140699

P1140701

P1140704
↑夕暮れの中央広場

聖マリア教会の隣にハードロックカフェがあります。
ここのお店も、街並みに配慮した外装でした。


P1140708
↑カフェの常連さん

テラス席に常連さんがいました。
彼は雨の日も、風の日も、雪の日も、この席にいるのでしょう。

夕食は中央広場内のアメリカンなお店にしました。

P1140709

P1140710

P1140711
↑アメリカンなお店の内装

P1140714
↑ステーキ

私はステーキにしました。
お肉もポテトもおいしかったです。
赤ワインもなかなかでした。

P1140720
↑ポーク

ダンナ氏はポークにしていました。
こちらも美味しかったようです。
お隣で注文していたスープは小鍋で出てきていました。
あの後にこのステーキはムリです…

P1140723

P1140731

P1140736
↑夜の中央広場

雨が降っていたようで、地面が濡れていました。

明日の行き先は天気次第で決めようと思います。





ブログ村参加してます。
クリックしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 ヨーロッパ旅行

記事検索