寝台夜行列車でプラハからブダペストへ

2015年01月03日

2014年4月22日(火) 〜その4〜


P1110625

プラハ・ホレショヴィツェ駅に来ました。
今夜、ここからブダペスト行きの夜行列車に乗るのです。
どこから乗るか先に確認しに来ました。

P1110626

P1110629

長距離列車のホームを目指します。

P1110630

P1110632

そんなに大きくない駅です。

本当にここなんですかね?

P1110633

ホームに列車編成が確認できるモニターがありました。

これは便利ですね。

私たちが乗るブダペスト行きの列車もちゃんとありました。
1分しか停車しないようです…
大丈夫かなぁ…
乗り場はわかりましたが、ちょっと不安です。

P1110643

さっきまでの大雨がやんだと思ったらとてもきれいな虹が出ていました!
二重です。
あまりにきれいな虹に不安もふっとんじゃいました。



P1110653

ホテルの近くまで戻ってきました。
ヴルタヴァ川も見納めです。
夕暮れ時でキレイです。

P1110655

カレル橋。
今日は大雨にやられましたが、晴れて来ました。

P1110661

ホテルに戻り、併設のレストランで夕食にします。

P1110662

P1110664

私はシュラスコ。
豪快な盛付けで出てきました。

P1110665

ナプキンがぶっ刺さってます。
豪快にかぶりついてやりました。
でも、食べづらかったので串から外してお上品に食べました。
お肉もお野菜もいい焼き加減でした。

IMG_1499

ダンナ氏は豚足。
ダンナ氏は、ヨーロッパの豚足料理に目覚めたようです。
日本の酢味噌とかで食べるのは苦手みたいです。
ヨーロッパのはカリッと焼いてあるので気に入っていました。

ホテル併設のレストランだったので、預けていたスーツケースをすぐ受け取りに行けました。
U Zlateho Stromu。
とってもステキなホテルでした。
カレル橋に近くて、とても便利です。
またプラハに来る機会があったら是非ここに泊まりたいです。


IMG_1519

そして、地下鉄でプラハ・ホレショヴィツェ駅へ向かいます。

P1110666

たしか、A線からB線に乗り換えるMuzeum駅だったと思うのですが、超旧式エレベーターがありました。

P1110667

内扉のないエレベーターはありがちですが、カゴがないエレベーターは初めてでした。


P1110668

ひと気の全くないプラハ・ホレショヴィツェ駅。
ホントにこんな駅から乗るんかいな…

P1110669

ちゃんと乗れました。
停車時間が短いのでちょっと慌てましたが、ちゃんと乗れました。

そしてすぐに次の駅、プラハ中央駅に到着しました。

プラハ中央駅ではそこそこ停車していました。
ここからでも乗れたのかなぁ…

チケットはプラハ・ホレショヴィツェ駅からになってたけど…
プラハ中央駅からだったら楽だったのになぁ。


2015-01-03-19-37-59

チケットは、レイルヨーロッパジャパン
で購入しました。
プラハ・ホレショヴィツェ駅からブダペスト東駅へ。
寝台夜行列車、二人部屋の個室で合計45,100円。

チケット代だけならば278.00ユーロだったので、当時のレート142円くらいで計算すると約40,000円。
5,000円くらい手数料がかかっています。

数少ない寝台個室のチケットで、取れないと困るのでしょうがないですね。
3ヶ月前に手配しておきました。
このチケットが自宅に郵送されてきました。

IMG_1544

IMG_1540

個室はかなり狭いです。

BlogPaint

二段ベッドです。
洗面台だけ付いています。
ペットボトルの水とタオルがありました。
部屋はカードキーで施錠できます。

トイレとシャワーは車両の端にありました。
シャワーは使いませんでした。

食堂車もなかったと思います。

狭いベッドですが、よく眠れました。

IMG_1557

朝ごはん付きです。

IMG_1550

ドリンクは付いていなかったようです。
車掌さんの部屋に行って別途購入しました。
バー車とかではなく、車掌さんの部屋の裏の方からビールとかが出てきました。

P1110671

P1110673

定刻通り、ブダペスト東駅へ到着しました。

寝台列車の旅は楽しいです。
だいたい寝てるだけですが、ワクワクします。
旅してる感がたまらないです。
日本でも乗りたいんですけどねぇ。
どんどん減っていっているのが寂しい限りです。





ブログ村ランキング参加してます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 海外旅行

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索