2015年04月

シトロエンのショールーム

2015年04月23日

2015年3月10日(火) 〜その5〜

P1170794

シャンゼリゼ通りに来ました

最近のパリ訪問は、トランジットの合間がほとんどです。
よくばりな私たちは、どうせパリで乗り換えるんだからパリでもちょっと遊ぼうよ。
と、あえてトランジットに余裕のある組み方をしているのですが、パリ滞在は長くて丸1日ってところです。

パリの観光名所はだいたいめぐっていますし、ブランド品を買い漁るわけでもありません。
ちょっとおいしいものを食べて、パリの雰囲気を楽しむのが目的。

そんな中、お安く(というか、無料!)軽く楽しめるのがシャンゼリゼ通りにある自動車会社のショールームなのです。

P1170832

シトロエンのショールームへ来てみました。
この建物、まるまるシトロエンのショールームなのです!
シトロエンのマークをかたどった、なんとも独特なデザインが目を引きます。

P1170799

3階まであります。
日本式でいうと4階建てです。
階段の真ん中が吹き抜けになっていて、そこにクルマが展示してあります。

P1170800

まずは、エレベーターで最上階まで行って、階段で下りながら見学してくることにしました。
真っ赤なエレベーターです。


P1170801

一番上は、組み立て途中のクルマが。

P1170806

複雑な形の窓からは、シャンゼリゼ通りが見下ろせます。

P1170807

そして、これは何!!???
チューブ状のものがぐるぐると下まで続いています。

P1170805

いろいろな部品とか。

P1170808

クレイモデル風。
クルマが大好きなダンナ氏によると、形を整えやすい粘土でだいたいの形を造ってみるのがクレイモデルとのこと。
私は初めて知りました。

そして、ダンナ氏によると、これはクレイモデル風にラッピングしてあるだけと。

ほ、ほぅ…

「一般ではほぼ見ることがないから、こうゆうのは面白いよね。」と…

へ、へぇ…

ダンナ氏には、かなりツボなようでございます。


P1170812

P1170813

そして、今ドキなクルマ、シトロエンC4。
パネルが左右にスライドしていて、スキャンしているみたいな展示がおもしろいです。
いろいろ考えられていますねぇ。


P1170820

なんか、スケルトンなクルマ。

P1170798

0階まで降りてきました。
たぶん、コンセプトカーのシトロエン C-Airplay。

P1170821

たまにガラスがくもる、ハイテクガラスでした。

P1170822

地下にも展示が。

P1170829

P1170826

レーシングカーです。

P1170824

このチューブってスライダーだったの!!!???

P1170831

うわぁぁぁ…
めっちゃおもしろそう!!!

滑りたい…


でも、プチ閉所恐怖症ですし、服も汚れるのイヤですし、また上に戻ってみるほどの情熱はありませんでした…


スライダーはチャレンジできませんでしたが、シトロエンのショールームはとっても見ごたえがあって楽しめました






ブログ村ランキング参加してます。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 海外旅行

人気ブログランキング

海外旅行 ブログランキングへ

ハードロックカフェ・パリ

2015年3月10日(火) 〜その4〜


P1170750

またまた来ました、ハードロックカフェ・パリ!
ハードロックカフェがある都市に行ったら必ず訪れなきゃいけないマイルールです。
(どちらかというと、ダンナ氏のルールですが…)

P1170751

今回もロックショップだけの利用。

2015-04-23-10-24-25

そして、ノルマのピンズゲット!
全世界の人のパリのイメージといっても過言ではない、エッフェル塔と凱旋門が描かれています。
これが今回の新作だったのかしら?
ベタな絵柄ですね。

2015-04-23-10-24-52

こちらは凱旋門だけのデザイン。
でもこれ、ウチにありました〜
買うだけ買って満足していたので、管理がイマイチできていないんですよね
このブログでまとめ始めているので、今後はちゃんと管理できるようになると思います。

ダブってしまった凱旋門ピンズはコレクションではなく、バッグにつける実用品となったのでした。


毎回来るルールとはいえ、あまりにも時間がないときはさすがにカットです。
2014年10月のポーランド旅行の際はカットでした。
前回来たのは2014年4月のチェコ&ハンガリー旅のときですね。

P1170752

その時はイースターの時期だったので、このマクドナルドの屋根もイースター仕様になっていました。
(イースター仕様のマックはこちらの記事を参照→「ブダペストからパリへ。」)
3月のこの時期は…雑草???

P1170754

ちなみに、ホテル・ロンドンのおとなりのマックカフェはこんな感じ。
ステキです




ブログ村ランキング参加してます。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 海外旅行

人気ブログランキング

海外旅行 ブログランキングへ

パリのお気に入りオイスターバー、レカイユ・ド・ラ・フォンテーヌ (L'Ecaille de la Fontaine)

2015年04月22日

2015年3月10日(火) 〜その3〜

今回のパリで、絶対行くと決めていたお店があります。

P1170745

レカイユ・ド・ラ・フォンテーヌ。
俳優のジェラール・ドパルデューさんが経営するオイスターバーです。

ちょくちょくパリには来ているのですが、時間が合わなくてなかなか来ることができないでいました。

なので、数年ぶりの久々の来店です
最近、お気に入りの店がなくなってしまっていることが多かったので、ちょっと不安でした。
やっていてよかったです

P1170733

赤いカウンターがステキな店内。

1Fはとっても狭いです。
カウンター席と小さなテーブル席が2〜3組ほど。

2Fにはもっと席がありますが、それほど大きくはありません。

ピシッとしたスーツのビジネスマンの方たちがランチでいらしています。
2Fの様子はわかりませんが、1F席はカウンター以外は常に埋まっている状態なので、2Fも盛況なようです。
お店がなくなっているかもなんて杞憂でしたね


P1170736

テーブル席の並びにはカキを捌くコーナーが。
その前には立派なカキが並んでいます。


P1170742

メニューは店内の黒板に書かれています。
字のクセが強くてとっても読みにくいです…
店内は狭すぎて黒板メニューが撮れませんでした。
写真は外にあったメニューです。

ウェイターさんはあまり英語が得意ではない人が多いです。
でも、注文だけならなんとか通じます。

カキと白ワインだけですし
しかも、カキの名前が読めなかったので、カキのサイズでオーダー


P1170734

まずはパンが運ばれてきました。
普通のバターになってる!!

以前は、小さいココットにたっぷり入ったハーブバターでした。
それがとってもおいしかったのに…
ちょっぴり残念です


P1170735

カキがきました〜
6ピースのカキを2種類注文したら、3ピースずつでサーブしてくれました。
まるい方がn°3のヤツ。
細長い方がn°2のスペシャルってヤツです。

お味はもう、サイコーでした
ここ最近食べたカキの中で一番のおいしさです。
味も香りも全て文句なし。
特に、スペシャルがおいしかったです。


ここで、カキ剥き職人さんが「どうだい?」って声をかけてきてくれました。
初めてこのお店を訪れた時からずーっといるカキ剥き職人さんです。
彼は英語ができるようです。
私が英語をちゃんと話せないので、どのレベルかはわかりません。
でも、この人、ものすごく勘がいいんだと思います。
まともに話せないくせにめっちゃくちゃな英語でムチャぶりしたことがあったのですが、ちゃんと理解してくれました。
よくあれでわかったなと感心しちゃうくらいです。

スペシャルがおいしかったので、おかわりすることにしました。
サイズが違うと多少お味も違うのかしらと、スペシャルのn°2とn°4をお願いしたら、
「これはサイズが違うだけでまったく同じものだよ。」
わかりやすーい英語で説明してくれました。
「まだ食べてないこっちはどうだい?」
私たちが注文したものを把握してのチョイス。
さすがです。

P1170739

彼のオススメにしたがい、Platesってヤツとスペシャルn°2のおかわり。

Platesもおいしかったですが、やっぱりスペシャルが一番でした

P1170740

しめはエスプレッソ。
ピスタチオの小さい焼き菓子もとってもおいしかったです。

久々のレカイユ・ド・ラ・フォンテーヌ。
いつきても幸せな気分にさせてくれるお店です。

ぜひ、また来ようと心に誓うのでした。


P1170745

レカイユ・ド・ラ・フォンテーヌ (L'Ecaille de la Fontaine)
15 Rue Gaillon 75002 Paris
tel:+33 1 47 42 02 99






ブログ村ランキング参加してます。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 海外旅行

人気ブログランキング

海外旅行 ブログランキングへ

ホテル・ロンドン (Hotel London) パリ

2015年04月21日

2015年3月10日(火) 〜その2〜

今回のパリのホテルは、オペラ界隈にとってみました。
オペラ界隈が便利なことはわかっていましたが、どうも割高に感じていて今までは避けていました。

でも、エクスペディアで探してみたら少ないながらもお手頃ホテルが見つかったので泊まってみることにしたのです。
(エクスペディアはこちら→海外ホテル予約トップページ)

予約したのは、ヘルダー・オペラ。
121.50ユーロ/1泊。
現地払いです。

しかし、行ってみると手違いだか何かで、ここには泊まれないとのこと…
レビューを見ると、同じような経験をされている人もいらしたので、よくあるのかもしれません…
むむむ…


P1170729

かわりに案内されたのが、すぐ近くのホテル・ロンドンでした。

P1170746

イタリアン通りに面したとっても便利な場所にあります。

P1170728

ドアを入るなりこの階段…
この時はヘルダー・オペラのフロントさんが荷物を運んでくれましたが、帰りはダンナ氏がおろしました…
女性がスーツケースを持って上がるのは、かなり厳しい階段です。
バリアフリーにはほど遠いホテルでございます。

ヘルダー・オペラのフロントさんはホテル・ロンドンのフロントさんに引き継いだのち去って行きました。

ホテル・ロンドンのフロントさんは、ちょっと暗そうなおじさま。
でも、まだチェックイン時間ではないのに部屋が空いているかどうか自ら確認しに行ってくれました。
階段で…

息を切らせて戻って来た結果、もうお部屋に通してもらえるとのこと。
チェックイン手続きをして部屋へ。

P1170760

フロントから先はエレベーターがあります。
古くてのろいエレベーターです。
フロントさんが階段で走って行ったのも合点がいきました。


P1170765

このドアが重くて私の力では開けるのが大変でした
自動開閉の内扉があるので、上下の際に動く壁に気をつけなくても大丈夫です。

P1170766

中はとっても狭くて2人と荷物でいっぱいになってしまいました。

P1170726

階段はらせん階段。

P1170724

P1170725

いいですねぇ〜


P1170722

P1170721

廊下、暗いです…

P1170718

お部屋も、、、暗いです…
内装は古くて重厚な感じ。
床がきしむところがあります。

クローゼットが大きく見えますが、真ん中の部分はフェイクみたいです
ダンナ氏が力任せに開けようとしたら上から外れそうになっていました

どうりでイスが邪魔な位置にあるわけです。


P1170711

バスルームは古さを感じますが、お掃除はとっても丁寧にされていました。

バスタブとハンドヘルドシャワー。
またしてもシャワーカーテンがない…

でも、壁がちょっと奥まっていたので、気をつければビチョビチョにならずに済みました。

シャワーカーテンがないのも困りますが、シャワーフックがないのも困りました…

蛇口の隣に一つあるだけで、それ以上の高さに掛けるところがありません。
しかも、このたったひとつのフックも壊れているっていうね…
むむむ…

P1170713

バスタオルとフェイスタオルが3組。
バスマットが1枚。

P1170714

この時期必須のティッシュもありました。
しかし、パリに来たらティッシュの使用頻度が格段に減りました。
やっぱりこの時期の南仏の花粉にやられていたのでしょうか…

P1170712

アメニティは…
イマイチな感じです…
全身シャンプー×2、ボディーローション×2、石鹸×2。

靴みがきシートがあるのはうれしかったです。
南仏のホテルには靴磨きがなかったんですよね。
3シートありました。
けっこう靴が汚れるので助かりました


P1170716

いろいろと不満もありますが、このお部屋、パリのオペラ駅近くなのに広いです
スーツケース2つ広げっぱなしにしていても全然余裕です。
パリでこの広さはなかなかないです。


そして、さっきも書きましたが、ホテル・ロンドンはとっても便利な場所にあります。
ホテルを出て左へ進んですぐモノプリがあります。


P1170770

食事をするところもたくさん!
ホテルを出て右、オペラ・ガルニエ方面へ進むと、Le Grand Café Capucines。

P1170772

店先には美しくシーフードがディスプレイされています。


P1170769

その向いくらいにヒポポタマス(Hippopotamus)があります。
ニースでも行きました。
(ニースのヒポポタマスについてはこちらの記事を参照→「ニースの夜は早かった…」)

P1170775

地下鉄のオペラ駅とオペラ・ガルニエまでもすぐ。


P1170781

オペラ・ガルニエを左側から裏へ回り込むと、ロワシー・バスの発着所があります。

とにかく便利!

でも、リピートするかどうかは…
う〜ん…他になかったらまた泊まるかもしれませんね




ブログ村ランキング参加してます。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 海外旅行

人気ブログランキング

海外旅行 ブログランキングへ

マルセイユからパリへ。

2015年04月20日

2015年3月10日(火) 〜その1〜

P1170640

パリへ移動します。
Vieux−Port駅からサン・シャルル駅まで地下鉄1号線で行きました。

P1170648

ニースから到着した時は、すぐ地下鉄で旧港まで移動してしまったので、駅の外観を見るのは初めてです。
う〜ん、美しい!

P1170646

ここからもノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂がよく見えます。
「良き母」もこれで見納めですね…

P1170651

P1170654

サン・シャルル駅は小高い位置にあるため、大通りとは階段で結ばれています。
これまたステキな階段です。

P1170661

大きな木が植えられている構内。

P1170666

こちらのお店で朝ごはんを購入。

P1170662

ニット帽をかぶったジュースがかわいい


P1170667

8:40マルセイユ・サン・シャルル駅発のパリ・リヨン駅行き。
約3時間の列車旅です。
TGVの1等席を2名分で164ユーロ(22,693円)  ※1ユーロ≒138.37円

フランス国鉄SNCFのサイトで予約しました。
(チケットを取った時の記事はこちら→「SNCFでTGVのチケットとりました〜」)

自宅でA4の白紙に印刷したものをそのままチケットとして使用。

P1170670

ホームの検札でQRコードを読み取っていました。

P1170671

隣のホームに停まっていた列車がオシャレ

BlogPaint

ちょっと豪華に1等にしました。
シートはゆったり。
荷物置き場も余裕がありました。

P1170697

シート配列は1列-2列。
今回は向かい合わせの席にしてみました。

P1170680

テーブルは、広げるとこの大きさに。
ランプもステキ

P1170686

駅で購入したハイネケンと

P1170687

サンドイッチで朝ごはん。
生ハムサンドです。
かたいけど、味わい深くておいしかったです

P1170685

P1170688

ダンナ氏は2つ食べてました。
具だくさんでおいしそう!

P1170690

途中、深い霧が発生しているところがありました。
以前列車でストラスブールへ行った時も、ずっと霧の中を走っていました。
ポーランドのシフィドニツァへ行く時も濃霧でした。
ヨーロッパは霧が発生しやすいのですかね。

そして、後ほど私はこのハイネケンを自分に向けてぶちまけるのでした…
なんてドジ…

思ったほどぬれずに済んだのが不幸中の幸い。
ですが、隣の4人席の家族連れの視線が痛かったです…

P1170693

霧が晴れると、パラグライダーが飛ぶ丘や

P1170695

牛が放牧される田園風景を眺めながら

P1170698

ノンストップでパリ・リヨン駅へ到着。

P1170700

ホームにはステキな時計が!!
11:46到着予定でしたので、予定より早いくらいの到着。
さすがフランス国鉄!!

P1170702

マルセイユ・サン・シャルル駅構内にもありましたが、パリ・リヨン駅にもIphone6の写真が。
富士山ぽい写真です。

P1170704

P1170706

こちら、パリ・リヨン駅にはレストラン ル・トラン・ブルーがあります。
リュック・ベッソンの映画「ニキータ」で舞台になっていました。

いつか訪れてみたいと思っていたのですが、今回も見送り…
外観だけでも見れたことでよしとしましょう…




ブログ村ランキング参加してます。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ケータイ用
にほんブログ村 海外旅行

人気ブログランキング

海外旅行 ブログランキングへ

記事検索