大原美術館展

2016年03月29日

2016-03-27-17-34-05

国立東京美術館の「はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション」へ行ってきました。

4月4日までなので、駆け込みです。

展示終了期間が近づくと混みがちですが、今回はそんなことありませんでした。
日曜日の16:30ころに行ったからかもしれません。
とっても空いていて、しっかりじっくりマイペースで見学することができました。

大原美術館については、全く知らなかったのですが、なかなかのコレクション。

ルノワール、モネ、ロートレック、ピカソ、デ・キリコ…
1900年前後の作品が充実していました。

この時代に、実業家である大原孫三郎が、画家としてフランスへ留学していた児島虎次郎のセレクトで集めたものです。

しかも、ルノワール本人に注文して描いてもらったとか、モネから直々に買い取ったとか、当時の空気を感じるようなエピソードがすごい!

当時、日本人が世界中の誰もが知ってるような大画家と直接やりとりしていたなんて…

今回の目玉である、エル・グレコの受胎告知。
これは、1600年前後の作品。
児島虎次郎がパリで見つけ、「すごいの見つけた!!!これは買うべき!!!」な勢いで進言。
それに応えた大原孫三郎「グレコカエ カネオクル」と即答したとのこと。

とんでもない値段だったらしいですが、こんなものを衝動買いできた大原孫三郎の財力おそるべし。

しかし、あの時代にフランスと日本の間でこのスピーディなやりとりってどうやってたのかしら?
「グレコカエ カネオクル」は電報っぽいけど、国際電報があったのかしら?

とにかく、日本にエル・グレコの作品が存在すること自体が奇跡とのことでした。


日本画家の作品もたくさん。
児島虎次郎の作品も飾ってありました。
「和服を着たベルギーの少女」
滝川クリステル似の少女の着物があざやかで大胆な筆致が印象的な絵でした。
さっき作品リストを見ていて、児島虎次郎の作品と知りました。
題名みて、どんな作品だったかすぐ思い出せたくらい印象的な絵でした。
グレコみつけたり、ルノワールと交渉したり、こんな素晴らしい絵描いたりと大活躍ですな!

大活躍しすぎて、疲れて47歳で亡くなってしまったそうです…


棟方志功の作品もありました。
うまい!うますぎる!の十万石饅頭の人です。
埼玉ローカルですいません。
地元なもので…

十万石饅頭の包みで見慣れているので、棟方作品はとても懐かしい感じがするのです。


他にも、古代エジプトの出土品や、ここ数年の間に制作された作品などもありました。


ミュージアムショップでは、恒例の図録を購入。

それ以外に、iPhoneケースとTシャツを買ってしまいました。

IMG_0727

IMG_0731

この、やる気のないタッチのエル・グレコの受胎告知に惚れましたww

同じタッチで他の作品のものもあって、どれもいい感じだったのですが、両方エル・グレコのにしちゃいました。



大原美術館は倉敷にあります。
行ってみたくなりました。





ブログ村ランキング参加してます。
ポチッとしてくれたらとってもうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
ケータイ用
にほんブログ村 海外旅行

人気ブログランキング

海外旅行 ブログランキングへ


エクスペディア


ワイン専門店 My Wine Club


アミノ酸洗浄シャンプー「ラフィーシャンプー」
“"

最大53%OFF!高級レストランをお得に予約!
“"

限定プランでお得にご利用♪宿泊予約なら【一休.com】


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索