フェルメール展へ行ってきました

2018年10月31日

そうだ!フェルメール展へ行こうっ!


ってな勢いで、土曜日の朝思い立ってみたけれども、ちょっと調べると、時間指定チケットとのこと。 


近所のセブンイレブンのチケットぴあで購入できます。


土日は混むのかなぁ。

当日は厳しいかなぁ。


操作してみると、朝10時時点で15時以降のチケットは買えそうでした。


しかし!


当日券は200円高いのですよ…


2,700円!

高い!!!


そこをケチって、2,500円の翌日日曜日の15時のチケットを入手。


フェルメールの絵のしおり付き。

それでも高いなぁ。


IMG_1504


場所は上野の森美術館。

まだ入ったことありません。

場所はわかります。

前まで行ったことはありますから。


「怖い絵展」で。


あの時はあまりの行列で、あきらめました…


教訓を生かしての時間指定チケットなんでしょうね。

フェルメールもものすごい人気ですからね。

絶対混みますもんね。


でも、時間指定だから、見やすいかな。

当日券残ってるくらいだから、混んでないかな。


なーんて、淡い期待はするもんじゃありません。


わたしたちのチケットの入場時間は15:00~16:30。

この間でしたらいつでも入場できるはずですが…




IMG_1510

15:20分頃到着してみるとこの列。

30分待ちとか。


時間指定なのにー。

係りの人によると、16時頃になると待ち時間なく入れるとのこと。


入っても混んでるだろうから、公園をぷらついて待つことにしました。


ジャグリングとかやってました。


暑くもなく、寒くもなく、雨も降ってなかったので、外で待つのは辛くなかったです。


IMG_1512


16時になり向かってみると、係りの人の言った通り列はなくなり、すぐ入れるようになってました。


時間指定チケットを差し出し、入場。



やっぱり混んでるぅ!!!


中はテーマごとに6部屋に分かれています。


1部屋目と2部屋目はつなげてあったのでしょうか。

広めで人の流れのがあったので、隙間を狙ってなんとか見ることができました。


2部屋目から3部屋目に移動する時、部屋の境目にも絵が展示されていたため、通れる隙間すらなくなっていました。


そして、3部屋目は縦に細長いスペースであるため、両側の絵を見る人たちが何層にも重なり入り込む隙間がなくなっていました。



これはムリ…


相当時間かけないと見れませんね…



さっくりあきらめて次の部屋へ。


3部屋目以外はそれなりに広さがあったので、すいたところから見る作戦で見学できました。


ただ、混んでるからじっくりというわけにはいきませんでした。


じっくりゆっくり眺められないので、隙間からチラチラ軽ーく眺めながらすすんでいたら、いつの間にか最後の6部屋目、フェルメールの間に到着してました。


あれっ?もう?って感じでした。


フェルメールの間は広さがあるので、すいたとこから見る作戦も有効です。


フェルメールを見にきたのですから、ここは時間をかけましょう。


ちょっと待てば、必ずどこか人だかりが少なくなる絵があるので、その時を狙って鑑賞。


フェルメールの絵は小さいものが多いです。

近くで見たいものが多いです。

人混みに揉まれながら、隙間をぬって鑑賞しました。



落ちつかねー!



滞在時間、30分…


待ち時間、40分…

(並んで待ってたわけじゃないけど)


フェルメールは見れましたが、堪能はできませんでした…


IMG_1531

IMG_1522



入場時、絵の説明の載った小さい冊子とおまけのしおりをいただきました。


説明が冊子型なのは初めて見たかも。

シンプルでステキな表紙。


作品の説明も1作品1ページ割り当てられ、とても見やすいです。


混んでてこんなの見ながらなんて見学できませんでしたが…


IMG_1530


最後には全フェルメール作品が普段はどこにあって、どの作品が今回来てるのかがわかりやすく載ってました。

これもいいですね。

制覇したくなりますww



上野のフェルメール展では、9作品が展示されます。


9/35。


しかし、残念なことに今回見られたのは8作品で、残りの1作品は来年1月から公開とのこと…



1月再訪?


しないな…


どうせなら、いずれ現地に見に行ってるぅ!!






ブログ村ランキング参加してます。
 ポチッとしてくれたらとってもうれしいです。 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ケータイ用
 人気ブログランキング






tripco_chan at 09:11│コメント(0)美術展・博物館 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索